top of page
4799_IMGP2561-2.webp
1463_IMGP2560-2.webp
ba_002.jpg

飲食店において光触媒コーティングの有用性

・不特定客層が出入りする

・トイレへの出入り

・トイレ等での嘔吐やはみだし

・会話などで、あちこちに飛沫している

・来客前段階での場所の不確定

現実は様々な菌・ウィルスの温床になってしまっている

アフターコロナだから関係ないのでしょうか?
拭き掃除で「除菌」してるからそれで大丈夫なのでしょうか?
お客様が気にしていないから大丈夫なのでしょうか?

当店は、光触媒コーティングを床・壁・天井・トイレ・洗面台・そして厨房に対し定期的に実施し、
お客様に「安全・安心・快適」な空間を提供することで
最適飲食空間の環境維持に最善努力を致しております。
今後ともご愛顧の程、お願い申し上げます。
​本日は、ご来店頂き、誠にありがとうございます。

僕は、こんな気遣いのあるお店に安心して通います。

環境配慮型経営は既にスタンダードです。

「アフターコロナだから、もういいや」
アフターコロナだからこそ、
継続することが、その姿勢を見せることが、
「店の信頼」というP/Lにはない項目が、
B/Sの正当な形として形づくっていってくれると私は考えます。

当社は
・二度塗りで完全隙間のデリートで触媒効果最大を目指します
・床面積での費用換算と致します(追加料金はございません)

経営は目に見えないことをキチンと粛々と真面目に実行することではないかと思います


 

bottom of page